藤田嗣治はふじたつぐはると読む。藤田嗣治はつまらないことで人と言い争うことをきらう男だった。かなり大事なことでもひとにいわせるままにしたようだ。そのため人からは理解されにくく誤解はなかんかとかれなかった。藤田が生きている間、藤田は絵を売るためにわざわざ奇行をおこない何も知らないフランス人にも日本画風の絵をうりつけて得意になったりしていたという。藤田は14さいのときに油絵をはじめる。中学校をそつぎょうしてすぐフランスへ留学したかったが父親などのアドバイスにより東京美術学校入学をし卒業するはずが女性と出べ会い駆け落ち、結婚をした。藤田はその2年後にフランスに留学する。藤田はエロスと自由の国フランスにすっかりこころうばわれてしまう。藤田の絵を酷評した師匠の絵がフランスではあまり評価されていないことどんなに奇抜な絵でもフランス市民は受け入れてくれること女性たちが働くの普通でまたその教養が高いことそして絵描きが尊敬を集めていることなどまさに藤田が日本で不満をもっていたことがすべて解消されるような国それがフランスだったのです。フランスが画家藤田嗣治を生んだといっても過言ではありません。ここで藤田はルーブルに入るような100年後も残るような絵を描こうと決意する。そんなか第一次世界大戦がはじまってしまう。戦争で妻と離婚することになった藤田は何もかもすてて絵筆で身を立てようとパリで絵を描き続けた。ある古典ではピカソが藤田こそ天才だといったとか。そのころから藤田の絵の中心は猫や裸婦になる。1929年に藤田は17年ぶりに日本に戻り個展を開いて全国をまわった。日本では極端な2つの反応が起こる。1つは美術界からのはげしい反発とフランスで成功した日本人画家への羨望のまなざしだった。そんななか古典はすべて成功に終わったという。またフランスに帰った藤田は精力的に絵を描き続けた。フランスに永住する気持ちは強くついにフランス国籍を取得、日本国籍を抹消した。またキリスト教の洗礼をうけた。最後のフランスでの生活はとても静かなものだったという。1968年1月29日にチューリッヒ病院で死去した。日本を愛し何より絵を愛した。絵を愛した愛情だけは生涯不変であったようです。藤田にとっては絵のこと以外はすべてつまらないエピソードだという。絵描きの評価は絵をみて決めてほしいというのがくちぐせでした。そしてついには国立近代美術館で藤田嗣治展がひらかれたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*